いつもありがとうございます。
 本日から全国労働衛生週間が始まります。先月は準備月間でした。準備月間に実施する事項が
定められており、事業者として表明すべきことも定められています。次の3つです。

 1.ワーク・ライフ・バランスの推進や過重労働対策を積極的に推進する旨の表明
 2.メンタルヘルスケアを積極的に推進する旨の表明
 3.「治療と仕事の両立支援」についての基本方針などの表明と労働者への周知

 準備月間に実施できていなかったので、ここで表明致します。

 基本方針
   心身ともの健康は皆の願いです。当社の事業活動によって影響を受ける社会の人々の健康
   並びに当社の工事現場で働く人々の健康に配慮し、当社の社員が健康な状態で暮らしてい
   けるための活動を実行していきます。
   また、治療と仕事の両立支援についても意識を持って取り組んでまいります。

 基本方針等を表明しても大事なのは実行です。

  先ず、現在主に事業所として行っていることの一部を以下に記します。

  1.健康宣言を行い健康経営への取り組みを開始。
  2.有給休暇取得の推進、技術本部におけるリフレッシュ休暇(現場終了後に1週間~2週
    間の休暇)取得指導。
  3.定期健康診断時にストレスチェックを実施。
    希望者は産業医或いは健康保険組合担当者とヒアリングを実施。
  4.健康診断の結果に応じた対応の促し。
  5.毎朝のラジオ体操の実施。
  6.全国労働衛生週間における各行事。
  7.ソフトボール大会への参加、ゴルフコンペの実施、柿狩り、各種懇親会の実施等。
 
  作業所においては、現場事務所並びに休憩所の環境、作業姿勢、暑熱、寒冷、化学物質や
  石綿の取り扱い、粉塵などさまざまなことに対して健康に配慮した取り組みを行っています。

 現在行っていることを継続するとともに、事業所においては経営企画本部並びに安全品質環境
管理課を中心として継続的に改善して推進していただきたい。作業所においては作業所長を中心
として事業所各部署の協力を得て、当社社員及び協力会社の方々の健康確保と影響を及ぼす近隣
等住民の方々の健康に配慮した活動を継続的に改善して推進していただきたい。

また、個人においても自己の健康管理に責任を持って取り組んでいただくようお願いします。

                         令和元年10月1日
                              株式会社松田組
                              代表取締役社長 松田 隆