水面に一番近い護岸(低水護岸)の整備工事です。計画水位を超えた洪水流量にも耐えられるように流下能力を高め、より水害に強い河川づくりのための工事です。本工事では魚の住処となる魚巣ブロックも設置されています。

発注者 国土交通省近畿地方整備局 猪名川河川事務所 所在地 大阪府池田市
竣工 平成22年3月 建築面積
構造 延床面積
規模 法面護岸コンクリートブロック3,093㎡