砂防堰堤(えんてい)は小さな渓流などに設置される土砂災害を防ぐための設備です。一般のダムとは異なり、その目的が土石流などの土砂災害防止であるため貯水機能はありません。上部には水通しと呼ばれる越流部を設け、同時に本体に水抜き穴を設けています。本工事では近畿地方整備局六甲砂防事務所長から表彰状を、また施工エリアの自治会から感謝状を頂きました。

発注者 国土交通省近畿地方整備局 六甲砂防事務所 所在地 神戸市
竣工 平成22年6月 建築面積
構造 延床面積
規模 コンクリート堰堤本体工(INSEM内部材2,976m2)、砂防土工、法面工他