全国的に各地方自治体では、地下水保全に関する条例を制定あるいは改正するなど、地下水質に関する意識が高まってきています。工業用地では土壌・地下水汚染が顕在化し、事業主が環境対策として莫大な資金を投入して浄化対策に取り組んでおり、今後は工場跡地等の評価額算定基準にする提案もなされています。当社は環境保全に対する事業にも目を向け、またそれに関わる工事に携わっています。

発注者 所在地 尼崎市
竣工 平成23年11月 建築面積
構造 延床面積
規模 地下水揚水2,200トン、ディープウェル工法(φ1,000×10m・2基) 締切鋼矢板 延5,000m、濁水処理設備一式