こんにちは。
街路樹の葉も日ごとに赤や黄色に彩りを増してまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて今月は土木部の若手社員をご紹介致します。


技術本部 土木部在籍 T.K. (入社9年目)/県内工業高校卒

Q:現場ではどのような事をされていますか?
A:『夢作り・モノ作り・人作り』をモットーに日々、土木工事の現場監督をしています。

Q:なぜこの業界を選ばれましたか?
A:究極のモノ作りを味わいたい!!! そこに無くてはならないモノを作る集団の一人で
  ありたい!!! と思い、この業界を選びました。

Q:今まで仕事をして嬉しかった事はなんですか?
A:自分が作ったモノがあらゆる人の目に付き、日常の風景に溶け込み、それが少しでも
  世の為になっていると思うと嬉しさはもちろん、それを超える達成感と喜びを感じます。

Q:反対に辛かった事はなんですか?
A:上司に厳しく叱られているときです。

Q:入社してから1番成長したと感じることを教えて下さい。
A:人とコミュニケーションがうまく取れるようになったことと、人の良いところを
  見つけられるようになりました。

Q:普段仕事中どのような事を意識していますか?
A:雰囲気作りです。一緒に仕事をしている仲間が最大限の能力とポテンシャルを
  発揮できるよう風通しの良い職場環境を作ることを心掛けています。

Q:施工管理の仕事はどんな方に向いていると思いますか?
A:一言で言えばコミュニケーション能力が一番重要だと思いますが、それは建設業に限らず
  仕事をする上ではなくてはならない能力だと思うので、特にこの業界だからといって
  必要ではないかもしれません。強いて言うならユーモアがあることと、あまり人見知りを
  しないことだと思います。

Q:松田組ってどんな会社ですか?
A:フランク&アットホームです!!! 夢を語れる仲間がいて、愚痴を言い合える仲間がいます。
  頼れる先輩がいて信頼できる後輩がいます。
  仕事は辛いことばかりですが、それを凌駕するほどの嬉しいこと・楽しいこと・
  大声を上げて笑えることに出会えます。
  何を仕事にするかではなく誰と仕事をするかという方が大切であると実感できる会社です。

Q:これからどのように成長したいですか?
A:後輩が増えてきたので良き兄貴分として後輩に慕われる先輩になりたいです。

Q:今までで1番印象に残っている現場・仕事を教えて下さい。
A:西脇市で、橋を支える橋脚と橋台を作った工事です。今は国道175号線から
  良く見えるところにそびえていますが、数年後にはこの上には橋桁が架かり、
  やがて道路となりこの構造物は、あまり人の目に着かなくなってしまいます。
  ですがそこに土木工事の最大の魅力が隠されていると思います。
  世界中どこを見渡しても土木工事で作られたモノで溢れ返っています。
  しかし、あまりにも日常に溶け込みすぎて、その存在が当たり前になっていて
  普段は何も気にならないですが、ここぞという時に人の生活・人の命を守るのは
  間違いなく土木構造物であると思います。
  私は土木工事が人々の生活・命を守る縁の下の力持ちという存在であるところに
  最大の魅力を感じます。

こちらは平成31年3月に竣工致しました。竣工時に更新した記事もございますので、
興味のある方はこちらから確認して頂けたらと思います。
『竣工!』西脇北バイパス下戸田高架橋(A1-P2)下部工事

ご覧頂き有難うございました。
来月は建築部の部員を紹介致しますので、是非ご覧ください。
%e3%81%be%e3%81%a4%e3%81%a0%e3%81%8f%e3%82%93